がんサポートサイトえひめ

乳房の病気を知る

  • 日本では年々増加し、現在女性がかかるがんの第1位になっています。生涯で女性の11人に1人がかかるといわれ、毎年約7万人の人が新たに診断されています。
  • 30歳代後半から増えてきて、40歳代後半にピークがありますが、70歳を過ぎてもそれほど減りません。
  • いろいろな治療法があり、病気の性質や進行度に合わせて、適切な治療を選ぶことが大切です。
  • ご自身の事情に合わせて、妊娠への影響、乳房再建、仕事、お金の問題、遺伝性乳がん、リンパ浮腫、緩和ケア、臨床試験・治験、セカンドオピニオンなどについても考えましょう。

難しいところや分からないところがあれば、主治医の先生・相談支援センターに相談しよう。

診療の流れ

診療の流れ 疑い 診断 初期治療 経過観察 妊娠への影響 乳房再建 仕事のこと お金のこと セカンドオピニオン 臨床試験・治験 リンパ浮腫 遺伝性乳がん

愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.