がんサポートサイトえひめ

AYA世代の病気を知る

  • AYA世代とは思春期・若年成人 (Adolescent and Young Adult)の略語で、15歳から39歳の世代をさします。
  • 全国で毎年約2万人程度の方が新しく診断されています。
  • 年齢幅が広いため、がんの種類は多彩で、年齢によってその頻度も異なります。
  • AYA世代では特にその後の健康管理が重要です。治療を行った後は、定期的な通院を行い血液検査や画像検査などを受けることが必要です。

思春期や若年成人期など年齢層や個人の事情により、患者さんごとに社会的・心理的に問題になることがあるよ。困ったことは主治医やがん相談支援センターに相談しよう。

診療の流れ

診療の流れ AYA世代で気になること 生活に関する事

愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.