がんサポートサイトえひめ

胃の病気を知る

  • 胃がんはかかる人が多いがんです。愛媛県では2015年に約1,670人が新たに診断されています。部位別に見ると男性では1位、女性では3位です。ただし、かかる人の数は徐々に減少しています。
  • がんの種類・病状がどれくらい進んでいるかによって治療が異なります。
    そのため、治療を決定するまで様々な検査が必要です
    おおむね初期であれば、内視鏡などで切り取る治療が行われます。病状が進むと手術と薬物療法の組み合わせなどが行われます。
  • 初期であればおおむね良い経過を取ることが多いがんです。
  • 新しい化学療法の登場などにより、進んだ胃がんの予後もだんだん改善してきました。
  • ご自身の事情に合わせて、仕事、お金の問題、緩和ケア、臨床試験・治験、セカンドオピニオンなどについても考えましょう。

難しいところや分からないところがあれば、主治医の先生・相談支援センターに相談しよう。

診療の流れ

診療の流れ 診断 治療 セカンドオピニオン

愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.