がんサポートサイトえひめ

リンパ浮腫

リンパ浮腫とは、手術時のリンパ節切除(リンパ節郭清)や放射線治療により、リンパ管が切断されたり細くなってリンパ液の流れが停滞し、治療を受けた部位の周辺の皮膚の下にリンパ液が貯まって、その部位がむくんだ状態になることです。

リンパ浮腫が起こると、その部位の周径サイズが大きくなり、重だるさを感じることがあります。重症化するとむくんだ部位の関節可動域に制限が出て、日常生活に支障が生じてきます。

リンパ浮腫を予防するためには、リンパ浮腫が起こりうる体の部位の傷や炎症を避けるため、手術後より①スキンケアや②肥満を避けることなどに気をつけることが大切となります。

リンパ浮腫を発症した場合には、上記①②に加えて、③弾性着衣や弾性包帯による圧迫療法、④圧迫をしている状態での運動療法、⑤用手的(手で行う)リンパドレナージを組み合わせた複合的治療が有効ですが、専門的知識をもつ医療スタッフの指示を受けて行いましょう。


リンパ浮腫の対応体制

リンパ浮腫の対応体制はこちらをご覧ください。

  拠点病院 推進病院
四国がん 愛大附属 愛媛県中 松山日赤 松山市民 済生会
松山
リンパ浮腫を診察する医師 × × ×
専門的な知識・技術を有する医療者による指導と施術 × × × ×
入院治療体制 × × × × ×
(2020年4月1日現在)

  拠点病院 推進病院
済生会
今治
住友別子 済生会
西条
十全総合 愛媛労災 HITO 四国中央
リンパ浮腫を診察する医師 × × × ×
専門的な知識・技術を有する医療者による指導と施術 × × × ×
入院治療体制 × × × ×
(2020年4月1日現在)

  拠点病院 推進病院
市立宇和島 市立八幡浜
リンパ浮腫を診察する医師
専門的な知識・技術を有する医療者による指導と施術
入院治療体制 ×
(2020年4月1日現在)

愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.