がんサポートサイトえひめ

乳房の病気を知る乳房再建術

Q

乳房再建について教えてください。

A

乳房再建は、手術によって失われた乳房を、形成外科の技術によって再建する方法です。

乳房再建の方法には、「自家組織再建術」と「人工乳房再建術」があります。「自家組織再建術」は、患者さんの体の一部の組織を胸に移植する方で、主に①お腹の組織を移植する方法(腹直筋皮弁法、穿通枝皮弁法)と、②背中の組織を移植する方法(広背筋皮弁法)があります。「人工乳房再建術」は、はじめにエキスパンダーという風船を胸の筋肉の下に入れ、その風船に生理食塩水を徐々に注入することで皮膚を伸ばしてから風船を人工乳房(シリコンインプラント)に入れ替える方法です。

また、再建術を行う時期としては、乳がんの切除術と同時に行う「一次再建」と、切除術後期間をおいて行う「二次再建」があります。

再建術を検討したい場合は、再建方法や再建時期のほか、放射線治療との関係、合併症、費用、入院日数などについて、主治医や形成外科医に相談し、よく理解された上で受けられることをおすすめします。

愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.