がんサポートサイトえひめ

原発不明がんを知るセカンドオピニオン

Q

セカンドオピニオンは受けた方がいいですか?

A

「セカンドオピニオン」とは、直訳すると「第二の意見」です。主治医の意見(第一の意見)に対して、他の医師の意見(第二の意見)を指します。原発部位が不明な場合、診断や治療が難しいことが多いのでセカンドオピニオンを聞きたくなることは普通のことです。主治医の説明を聞いて十分理解した上で、他の医師の意見も聞いてみたい時は、セカンドオピニオンを聞きたいと主治医に申し出てください。治療途中でも聞きに行くことができます。その際は、画像診断・病理診断関係の資料が必ず必要です。

セカンドオピニオンについては別ページも設けています。こちらもご覧ください。

愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.