がんサポートサイトえひめ

肝臓の病気を知る経過観察

A

治療を行った後は、体調管理や再発の有無を確認するために定期的な通院が必要です。再発の確認には画像検査が必要です。慢性肝疾患を持っている人が多いため、再発のリスクが低くありません。そのため、長期の経過観察になります。 B型・C型肝炎ウイルスに感染している患者さんは抗ウイルス薬の治療を受けてください。B型肝炎は薬を飲み続けることでウイルスを抑え込むことができますし、C型肝炎は薬で治すことができます。

愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.