<

大腸の病院を探す診療体制

診断体制

各病院の主な診断体制はこちらをご覧ください。

診断体制

放射線治療機器

各病院の主な放射線治療機器はこちらをご覧ください。

放射線治療機器

治療体制

各病院の主な治療体制はこちらをご覧ください。

治療体制

各病院の取り組み

大腸がんを治すには手術が一番重要ですが、その他にも抗がん剤治療などが大きな役割を担っています。

当院では、抗がん剤治療は専門的な知識を持つ腫瘍内科医が行い、外科医は患者さん・ご家族と治療について十分な説明の上、術後の生活までを考えた手術について、より多くの時間を使います。

手術治療においては、内視鏡技術認定医が常勤し、ロボット支援手術も行っています。

愛媛県で唯一の日本臨床腫瘍研究グループの大腸がんグループ施設で、例えば、肛門から病気のみの切除と放射線治療により肛門を残す臨床試験など、様々な臨床試験への参加を検討できます。

仕事やご家族の健康も重要です。ご家族も大腸がんになりやすいことがわかっており、治療と仕事の両立支援などのがん相談支援センター、認定遺伝カウンセラーよる家族性腫瘍相談室とも連携し、一貫して専門性の高い治療を提供します。

愛媛大学医学部附属病院では、早期がんから進行がんまで様々なステージの大腸がんに対し、内視鏡治療や腹腔鏡手術だけでなく、抗がん剤治療や放射線治療、そして転移巣切除も考えた集学的治療を行っています。

高齢化に伴う、多くの併存疾患(心臓病、脳梗塞、糖尿病など)をお持ちのハイリスク大腸がん患者さんが増えていますが、循環器内科、脳神経外科、糖尿病内科などの他の専門医とも密に連携し、全人的な治療を行っております。

さらに、近年注目されている遺伝性大腸がんの診断・治療にも力を入れています。認定遺伝カウンセラーによる詳細な説明および十分なサポートも当院の特徴です。

愛媛大学医学部附属病院では、大腸がん患者さんに質の高い診療を提供するよう心がけます。

当院では内視鏡治療、外科治療(腹腔鏡手術、ロボット支援手術)、化学療法、放射線治療等の選択を消化器内科、消化器外科、放射線科と協議し、ガイドラインに準拠した大腸がん治療を行っております。

併存疾患をかかえる患者さんも多いことから、他科(循環器・糖尿病内科等)と連携し術前・術後管理を行うことにより合併症の軽減に努めています。

また、高度進行・切除不能転移症例等については、化学療法と手術療法を組み合わせて行う等、患者さんにとって最適な方法で治療します。

大腸がん治療は、大腸癌研究会より出されている大腸癌治療ガイドラインに則り行っています。

治療前の精査にて大腸がんの進行度を判断し、内視鏡治療、外科治療、あるいは全身薬物療法などを適応してゆきます。しかし、社会の高齢化が進んでいる昨今、様々な併存疾患、例えば、心血管疾患、腎障害、糖尿病、リュウマチなどを持っている患者さまが増えています。これら併存疾患により、原則通りの大腸癌治療が適応出来ないこともしばしば有ります。当院は総合病院である強みを活かし、これら併存疾患に対応しつつ、患者さまの状況に応じたオーダーメードな大腸がん治療を行っています。また、体に負担が少ない治療、すなわち内視鏡治療、外科治療においては腹腔鏡下手術あるいはロボット支援下手術の適応拡大も進めています。近年の薬物療法の進歩は目覚ましく、新規抗がん剤、分子標的治療薬、免疫チエックポイント阻害薬など、最新の薬物療法が適応に応じ行われます。

当院では「大腸癌治療ガイドライン」に準拠した診療を心がけており、年間約70例の大腸がん手術を行っています。

開腹手術に比べて負担の少ない腹腔鏡下手術を積極的に採用しており、腹腔鏡下手術が大腸がん手術全体の7割を越えるようになってきました。

肛門に近い下部進行直腸がんに対しては、局所制御や腫瘍縮小の効果を期待して術前化学放射線療法を実施し、局所再発の抑制や肛門温存を図っています。

さらに、手術が困難な進行大腸がんに対して、適応があれば全身化学療法後に手術を行う治療法(conversion therapyと言います)を行っています。

このように当院では、手術、化学療法、放射線療法を組み合わせることにより治療成績および患者さんの生活の質の向上に努めています。

当院における大腸がん診療は主に内科、外科が診療を担います。がん診療に精通した多職種のスタッフが連携して関わることで、患者さんの不安と負担を出来る限り取り除き、安心・満足していただける医療を心がけています。

治療方針の決定にあたっては、診療ガイドラインや取扱い規約を基本としたエビデンスに基づき、カンファレンスを行い、患者さんひとりひとりの治療方針を十分に検討します。(腹腔鏡下手術などの低侵襲治療も積極的に行っております。)

患者さん病状に合った最適な治療、患者さんのニーズや価値観に寄り添ったオーダーメイドの治療を提供します。ぜひご相談ください。

当院では、大腸がんの治療は内科と外科が連携して行っています。

早期大腸がんに対する治療として、内視鏡的粘膜切除術(EMR)と内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を行っています。病理結果により必要な場合は外科紹介し、追加治療を行っています。

内視鏡治療の適応を超えますと外科が治療を行っております。外科専門医、消化器外科専門医が多数在職しており、ガイドラインを基本として内科、放射線科、栄養サポートチーム、リハビリテーション科、緩和ケアチームなど他職種が力を合わせ治療します。

将来ガイドライン掲載が見込まれる有望な治療法については現状を説明した上でガイドラインに先んじた治療にも対応しています。

腹腔鏡手術や肛門の温存に努め、化学療法にも精通することで困難な病態にも良い経過が得られるように努めています。

大腸に関しては便潜血陽性の方に関しては積極的に内視鏡を行い、ポリープが認められればがん化する前に内視鏡的切除も行っております。

当院に設置していますPET-CTを用いた診断にて正確に診断し、大腸がんにかかられた皆さんにとって最も適切な治療を相談の上、行っております。また内視鏡下手術や腹腔鏡下手術も適応に応じて積極的に行っております。

手術後や不幸にも再発した場合には抗がん剤治療も皆さんの普段の生活を基準として考え、皆さんの希望に応じた治療を目指しています。放射線治療を含めた緩和医療も積極的に行っていますので是非ご相談下さい。

HITO病院における大腸がん診療の特長は、診断・治療・ケアを一貫して当院および住み慣れた地元で行えることです。

消化器内科での内視鏡診断・内視鏡的治療、消化器外科での手術(腹腔鏡手術を含めて)、抗がん剤治療、緩和ケアまで、経験豊かな専門スタッフが揃っています。

HITO病院のモットーである「いきるを支える」医療を、大腸がん診療においても、スタッフ一同全力で提供し、皆様に安心して生活していただけるよう努めてまいります。

当院での大腸がん治療はガイドラインに従い内科、外科、放射線部、病理、化学療法部等が共同で診断治療を行っています。

大腸がんの診断治療は多岐にわたります。特に治療については内視鏡的治療、手術療法、放射線治療、化学療法などからなりますが、すべての過程が当院で完了できるようにシステム作りを行っています。

特に大腸がん治療の中心となる手術については当院では、基本的には根治性を保ちながら侵襲の少ない低侵襲手術を積極的に採用しています。また当院は透析部門や精神科もあり、これら疾患を有する重症患者さんもお受けすることができます。

不幸にも再発した場合も化学療法や緩和ケアに精通したスタッフ等により、確かで安心した治療を提供しており、急患も含め、いつでもご相談ください。

当院の大腸がん治療は、原則として大腸癌診療ガイドラインに沿った標準治療を行っています。

また、患者様の要望に応じた様々な治療手段(体の負担を考慮した縮小手術や肛門温存手術など)も用意しています。

地域特性として高齢の患者様が多くなっていますが、他科とも連携を図り、全身状態の詳細な評価や合併症の改善を待ち超高齢患者様でも安全性の高い治療を行うよう心がけています。

消化器内科は早期大腸がんに対する内視鏡治療や、腸閉塞を伴う大腸がんに対するステント治療などを担当し、外科は腹腔鏡手術(大腸がん根治手術の85%以上)を中心に根治手術を行っています。

また、術前の放射線療法や化学療法と根治手術を組み合わせた集学的治療も積極的に行っています。

当院では大腸内視鏡検査を内科および外科で行っており、ごく早期の大腸がんに対しては内視鏡的切除術を行う場合があります。

手術治療を要する場合は、外科にてCT検査等による精査を行った上で手術方法を検討致します。

がんの進行度にもよりますが、適応を判断して侵襲の少ない腹腔鏡下手術に取り組んでいます。

手術後の化学療法などについては、個々の患者さんの状態に応じて適切な治療を行います。


愛媛県がん診療連携協議会© Ehime cancer conference.